私の食生活は野菜中心です。

野菜が大好きというわけでもないのですが、肉を食べると胃が痛くなったり下痢をしたりするので、自然と野菜中心の食生活になってしまいます。朝食はパンと納豆と魚肉ソーセージと紅茶というのが私の定番です。準備する時間もかかりませんし、パンだけだと栄養が足りないように思いますが、納豆と魚肉ソーセージをプラスすることで、少しは栄養も摂れるように思います。牛乳を飲めばもっと良いのかもしれませんが、牛乳を飲んでもすぐに下痢するので、飲み物は緑茶か紅茶です。

 

昼は日によってまちまちですが、時間がない日はカロリーメイトだけということもあります。何も食べないよりましだと思っています。昼に時間がたっぷりあるときは、野菜サラダや野菜炒め、玉子料理でしたらハムエッグ、スクランブルエッグ、オムレツなどを作ります。野菜炒めには、キャベツ、人参、ピーマンなどの野菜の他に、シイタケ、エリンギ、シメジ、エノキダケといったキノコもプラスして炒めます。

 

夕飯は野菜と魚を食べることが多いです。でも、魚はそれほど好きではありません。魚料理が面倒なときは、イワシやサンマの缶詰を使うこともあります。缶詰のイワシの味噌煮は生臭みもありませんし、骨まで食べられるので気に入っています。魚の缶詰は何種類か買い置きしています。でも、肉や魚をあまり食べない食生活を続けていると、ビタミンBが不足するかもしれないので、ビタミンBのサプリを時折買って飲んでいます。

 

友達からは、「肉も食べて牛乳も飲まないと、カルシウムや鉄分も不足しがちになるよ」と注意されますが、肉を食べて下痢が続くと、栄養を摂るどころの話ではなくなるので、心配してくれる気持ちは有難いですが、無理して食べることはしません。ですが、やはりカルシウム不足になっては骨粗しょう症になる心配もありますので、小魚とアーモンドが入ったおやつを食べてカルシウムを摂っています。鉄分も野菜だけでは足りないかもしれないので、鉄分のサプリを買っています。

 

今のところ健康診断を受けてもどこも悪くありませんので、私にとっては野菜中心の食生活は何も問題はありません。困ることと言ったら、食事に誘われたときに、肉料理がメインの店に連れていかれると、メニュー選びに困ることぐらいです。「野菜ばっかり食べていたらウサギになっちゃうぞ」と嫌味半分で言われたこともありますが、「ウサギは見た目が可愛いから、ウサギならいいわよ」と言うと、それ以上は何も言われませんでした。他人が何と言おうと、自分が毎日健康で快適に過ごせる食生活が一番です。