健康に悪くない気がする一日7食か8食の不定期食

私の食生活は、コレステロールが異常に高いとクリニックで検査結果で出たときから変わりました。変わったというより、医師命令で食生活すべてにわたって改善するように指示がありました。(のちにそれは甲状腺に疾患があったせいだと分かったのですが…。)かつての私の好きなものは、コレステロールと中性脂肪を上げる食事ばかりでした。卵、たらこ、いか、コロッケ、天ぷら、チーズ、マヨネーズたっぷりのポテトサラダなどで、お豆腐類も食べましたが、これも豆腐より厚揚げの方が好きで、それの煮付けを毎日作って食べていました。野菜、果物も好きで良く食べていましたから、自分なりにバランスのいい食事だと思っていました。けれど、コレステロールが高く中性脂肪も上げる脂質が多い食事でした。そうしたものは止めて、どちらかといえば魚肉や大豆類でたんぱく質を摂るように指導されました。

 

その医師は漢方の専門医でしたので、体を冷やすものは食べては駄目ということで、お茶も、緑茶よりほうじ茶や紅茶、ないしウーロン茶がいいと指導され、私も本を購入し、コレステロールを下げる術をいろいろ研究しました。結果、魚肉や大豆類でたんぱく質を摂るようにし、大豆類を食事の中心において、お豆腐、凍り豆腐、納豆、枝豆、黄粉、豆乳と大豆づけの食事を実行しました。それに、海草、根菜、そして低脂肪牛乳とかヨーグルトなどを基礎的な食事として摂取しました。おかげで、一年半で7キロくらいやせてしまいました。そして、この異常に高いコレステロール値は、どんなに食事療法をしても落ちなかったのは、甲状腺に疾患があったからと判明したのは、1年半も経ってからです。現在は甲状腺ホルモン補填剤を飲んでいます。

 

そうしてホルモン補填剤を飲んでも、コレステロール値は、正常値にはならず若干高めなので、もしかしたら、遺伝的なものかもしれません。とりあえず、私はコレステロール値が高いのと高血圧気味なので、現在は、それに対応した食生活になっています。私の食生活は、一般的でなく変わっているかもしれません。卵、たらこ、イカなどコレステロールが高いものは、現在も止めています。朝食、昼食、夕食という決まりはなく、お腹がすいたら食べるという按配です。一日、7食か8食、お腹が空いたら食べます。まず、起きたら無脂肪ヨーグルトとスキンミルクに黄粉を混ぜたものを飲みます。大豆か黒大豆を自分で煮たものを食べ、竹輪にのりを巻いて食べ、自分で焼いた干しぶどう入りのスコーンかパンを食べます。ポテトサラダをノンコレステロールのマヨネーズであえたポテトサラダを食べ、あとは凍り豆腐をひじきと煮付けたものを作っておいて、お腹が空いた時に食べます。小豆も煮ておいて食べたりもします。野菜ジュースも飲みます。大体毎日、これの繰り返し。時々チキンを焼いたり、お豆腐とネギとコンニャクにきのこを混ぜた煮物など、また、ヨモギとかをたっぷり入れたお好み焼きとかをオリーブオイルで焼いて食べたりもします。それでも、大体パターンが決まっていて、朝食も昼食も夕食もありません。それらを、お腹が空いたら食べるという変わった食生活です。

 

健康のための補いサプリは、ビタミンBB、ビタミンC、亜鉛、肝臓のためにハイチオールC、血圧が加齢とともに高くなってくるので、その対応策のために、DPAとEPAを含んだ「エパデール」も飲んでいます。このエパデールを飲むことを進めてくれたのは、担当医で私の血圧が次第に高めになっていく治療の一環として、副作用が少ないからと選んでくださいました。ずっと飲んでいますが、いいようです。エパデールの相談室に問い合わせた時、臨床で動脈硬化にも効果があったと言っていらっしゃいました。中性脂肪も油断をしていると増えるので、その防衛的対策として、紅茶とかウーロン茶が効果があると聞きましたので、こちらも日常的に飲んでいます。確かに、劇的に効果があると思います。

この食生活のおかげか、花粉症がなくなりましたし、風邪も引かなくなりました。ヨーグルトは、善玉コレステロールを増やしてくれる役割を持っていることを実感します。血液検査をした時、私の善玉コレステロールが高いのは、ヨーグルトの乳酸菌のおかげだと思っていますし、肌トラブルがないのも大豆のイソフラボンのおかげではないかと思っています。食事療法をしてから、太れないのが悩みとなってしまい極端に細い体ですが、甲状腺機能が悪い以外は、悪いところはないようです。この粗食で味気ない食生活は、しかし健康的には良く、また慣れれば、シンプルで体にも軽快感があっていいと思っています。

ご飯のお供はコーラ!?

私は食事をするときにコーラやサイダーなどを、一緒に取るのが好きです。それは、ティータイムにパンやお菓子を食べるときだけではなく、ライスやおかずを食べるときにも同じです。私がそのような食事方法が好きな理由は、炭酸で食べ物を流し込むのが好きだからです。そのため、食事の時にコーラやサイダーを一緒に飲むのは、一種の快感となっているのかもしれません。

 

もちろん、それは体にとっても悪い食べ方であり、健康についてよいわけがありません。最近はカロリーゼロのタイプや、糖分ゼロのコーラやサイダーも増えましたが、添加物などを見ても健康に良くはありません。また、私はそれらのようにカロリーや糖分ゼロの炭酸飲料は、あまり好きではないのでプレーンのコーラやサイダーを買うことが多いです。

 

このような、食事のスタイルで今後考えられるのは、やはり糖尿病だと思います。私の知り合いにも、糖尿病で苦しんでいる人が居るので、自分は絶対になりたくないとも思います。それ以外でも、コーラやサイダーでおなかをいっぱいにするせいか、食事の際は野菜などを取らずに終わることも多いですね。これらの理由から、私の食事の癖についてみれば、徐々に治していく必要があると思います。

 

それでも、コーラやサイダーを飲むのは楽しみであり、ストレス発散方法なのでいきなり辞めるのはむずかしいと思います。そのため、徐々に量を減らしていく努力はしたいと思っています。そして、そのような偏った食生活を改善するためには、やっぱりサプリが良いのではないでしょうか。最近はネット通販サイトなどを見ても、様々なサプリが発売されているので、自分に足りない栄養素を取るのは簡単だと思います。

 

それ以外では、炭水化物や脂肪分ばかりを取る食生活をしているので、ビタミンや亜鉛やカロチンを取れるサプリを買うのが良いかもしれません。野菜が嫌いで普段野菜をあまり食べない私にとっては、水さえあれば飲めるサプリはかなり便利だと感じます。このように、栄養バランスが偏っている私のような人は、それを改善するのは難しいと思うので、サプリを活用するのが一番ではないでしょうか。

 

それにより、糖尿病などのリスクも減らせるだろうし、健康面でも良い影響が出てくるはずです。これらのように、現代人は私も含め食生活が乱れている人が多いですが、サプリなど健康食品の充実により、健康を取り戻すことは自分の努力で出来ると思います。